【ACIM】【元祖1式】ACIMテキストが読みやすくなっていたことについて

私がコース(ACIM)に出会ったのが約8年前。

元祖1式思考停止に出会ったのが約5年前。

 

 

 

昨年、コースのワークをようやく1巡終えた私は

12月初旬から元祖1式思考停止を意識して生活していました。

 

それからおおよそ2ヶ月が経ちました。

 

 

 

 

この2ヶ月の間

 

色々なことが起こりつつも

元祖1式思考停止を意識することが

自分自身の苦しみ(エゴ)の解体に大いに役に立ったと感じています。

 

 

 

元祖1式スレや、元祖1式を肯定的に語るスレの実践者さん達の

言葉を読み返したり

 

108さんという潜在意識掲示板で数年前に知った方の

youtube動画(一部)を観ることもありました。

 

 

 

そしてこの2ヶ月間は

コースに触れることはあまりなかったのですが

 

昨晩久しぶりにコーステキストを読み返してみたところ

 

最後に読んだ時よりもさらに

スーッと心に入ってきて理解できるようになっていました。

 

 

 

1行、1行の言葉が

「そう!そうだよね!」

と、"必要なもの"に感じました。

 

 

 

ゲイリー・レナード氏の著書が好きで数年読み込んできましたので

コースの全体像は自分の中に着実に浸透していたとは思いますが

 

コーステキストを読む際は

まだ少し言葉が難解であるような感覚がしていました。

 

だから、テキストを読むことは結構後回しになっていたのです。

 

 

 

しかし

『元祖1式思考停止の実践』と

『元祖1氏・1式実践者の方々・108さんの言葉』・・が

 

着実にコーステキストの理解を深めてくれていました。

 

 

 

これらの中で一番大切だと感じたのは

やはり自分で『(エゴの解体の)実践をすること』

 

そして

実践を通して

体感・自分の内側から言葉・インスピレーションを得ること

 

だったと思います。

 

 

 

 

自分自身のその歩みを励ましてくれたのが

元祖1さん・1式実践者さん達・108さんなど・・の存在でした。

 

 

 

彼らのことは数年前から知っていたわけですから

 

他の人の言葉をいくら読んだり聞いたりしても

ここまでにはなりませんでしたので

 

やはり自分自身の実践が一番大切ですね。

 

(他の方の体験や言葉を読んだり知るのは初めは大切・有意義ですが

 最終的には実践が必要に思います。)

 

 

 

 

昔は、特別な「修行者」のような人々しか

探究できなかったようなことを

 

今はインターネットで

数年前に直接知ることのない誰かが書き残してくれた

”常識外”な体験や考え方も自由に観て

交流することもできるので

 

本当に便利で助かりますよね。

 

有意義で貴重な言葉をシェアしてくださった方々に

感謝しています。

 

 

 

 

これからも、ネット上における他の方々の励ましの言葉に触れつつ

淡々と自分の道を進んでいこうと思います。

 

Jesusを常に心に。