【言霊】【元祖1式】「なんとかしようとしなくていい」

元祖1式思考停止をしたり、自己観察をしていくうちに

 

常に心がざわついて胸のあたりが苦しくなるような

その中核には

 

「私は不完全でダメな存在だから・・」

「なんとかしないと!」

「こんなんじゃだめだ!」

「こんな自分じゃダメだ!」

 

ずーっと、絶えずぐるぐるしている

これらの思いに行き着くことに気づきました。

 

 

 

こうして書き出してみると

常に『自己否定』している(=ほとんどの思考)わけなのですが

 

それが『自己否定』であるということに気づかないくらい

なれきって麻痺しているようです。

 

 

 

でも確かに・・

生まれてこの方、ずっとこの思いで生きてきた様な気がします。

 

私が、と言うわけではなく

多くの人がそうではないでしょうか?

 

それこそエゴによる「生存欲求」「生存競争」であり

そのための世界(=幻想・夢)であるということにきづきます。

 

 

 

常に、自分は不完全だ・足りない・これじゃダメだと。

 

エゴはこの世界(=夢・幻想)の保持のためでしかなく

この世界(=夢・幻想)もエゴの保持のためでしかなく

 

そんなエゴ・思考に乗っかり続けていても

エゴは何もしないどころか

私達は苦しいままです。

 

 

 

当然です。

本来、私たちは一なる神の子であり、完全完璧であるのに

 

そこから「分離」したという罪悪感をうずかせ

夢の眠りに落ちているだけなのですから。

 

ただ本来の自分を思い出したい、目を覚ましたいだけなのです。

(本当は今も永遠にその状態であるにもかかわらず)

 

 

 

とにかくずっと心の中で

「なんとかしなきゃ!」「こんなじゃダメだ!」「こんな自分じゃダメだ!」

という不足の声が騒いでいるのを

 

冷静に観察していました。

 

 

 

その思い自体が

私を苦しめているのです。

 

 

 

 

 

”なんとかしなきゃいけない状況・自分が在るからそう思う”

のではなく

 

”その思いが、なんとかしなきゃいけないと思い続ける様な状況をつくりだしている”

のではないでしょうか。

 

 

 

そして

”なんとかしようとしなくてはいけない自分”

などというのは、本来の私たちではなく、「エゴ」です。

「エゴ」に、永遠である自分を同一化してしまっているだけです。

 

それを心で選択してしまえば

私たちは神と同じ創造の力があるので

そういった誤創造(夢・幻想ですが)が為されてしまうのです。

 

 

 

 

だからこそ

「そんな思考そのものを止めてしまえ」という

元祖1式思考停止であり

 

「神側に完全に目覚める」

コース(ACIM)の思考システムなのです。

 

 

 

 

「なんとかしようとしなくていい」

 

というアファメーション

新たに自分に対して伝えています。

 

しばらく続けてみようと思います。