【元祖1式】手記 2020/12/10

先月11月から、ACIMワークの2巡目を進めていたのですが

今週から元祖1式を実践したい気持ちが湧いているので続けています。

 

 

acimsjb.hatenablog.com

 

 

acimsjb.hatenablog.com

 

 

私のやり方は音声アファをリピート再生で聴き続けているのですが

 

特に外出すると様々な外的な刺激(知覚)を受けて、心の中では色々な反応が出ているのが

1式思考停止をしているとよくわかるのです。

 

以前は、思考(エゴ)が浮かぶことも苦しく感じていましたが

今では「それは仕方がないことだとゆるし、かつそれには乗っからない」

という状態でいられるようになり、それが楽です。

 

思考(エゴ)は

まさに過去の記憶やセルフイメージから基づいた意味不明な声・呟きだと感じます。

こういったセルフトークが、セルフイメージやパターンを固定化し

人生を決めていくのだなというのもよく分かります。

 

そして同時に

・我々が「過去」と思っている脳内で作り出している幻といえるものと

 (過去は存在しないが、我々は在るように思っている)

・そういった「過去」を利用した思考(エゴ)とはまた違う領域

 

あらゆる可能性が、今この瞬間にあり

それをこうやって、毎瞬毎瞬選んでいるのだな・・

 

という心の内側を俯瞰しているような感覚にもなるのです。

 

じゃあ、自分はどれを選ぶのか?どれを選び続けたいのか?

 

その補佐・ナビゲーターのようなものが

私にとってはアファメーションだったり

他にも様々なやり方というのがある。

  

1式思考停止、もしくは他の方法でもいい。

エゴ・思考から外れた立ち位置というのにただ在るということ。

 

これが本来の私たちの本質なのではないかとも感じています。

 

***************

 

【元祖1式とACIMについて】

 

私の指針はACIMになります。そして元祖1式も好きです。

 

ゲイリー ・レナード 氏の本(コース関連本)に

 

「反応をとめるというやり方もあるけれど、聖霊の思考システムに入れ替えていく方が

 (目覚めまでの)時間を省きやすい」

 

といったような記述がありました。

 

私は、どちらも自分には合うと感じますし、互いが互いを補佐しあうものと捉えていて

行き着く先は同じとも思うので

 

コースを学びを進めつつ、臨機応変に元祖1式の実践を重ねようと思います。