【ワーク】 L36 私の聖性は、私が見るものすべてを包み込んでいる。

コースのワークブックについては

一度終了しているのですが、いま2巡目でやっています。

 

本日はレッスン36でした。

私は日常的に読み上げソフトのアプリで、録音アファを聞くのですが

主題概念をこのアプリでリピート再生して聞きつつ散歩しました。

 

いつも挨拶をしても大した反応をしない隣人に今日も出会い、いつも通りの反応にいらつきかけたとき、耳から聞こえる主題概念にハッとしました。

まず、普段だったらイラついているのにも気づかなかったと思います。そして、エレベーターの中で一緒だった数十秒の間、彼女を後ろから眺めているあいだ・・

 

『私の聖性は、私が見ているものすべてを包み込んでいる』(リピート)

 

彼女のことも、私の聖性が包み込んでいるんだ・・と感じました。

 

その後も、散歩している間、周囲を眺めながら歩いていましたが

 

「これらは、自分の内側から出ている。(私がつくりだしている)」

「そしてこの幻想たちを超えた私の聖性がすべて包んでいる・・」

そう感じました。

 

ますます私自身が”世界の中の小さな小さな体”という視点ではなく

”私の中からこの幻想たち(世界)が映し出されていて・・その奥(?)は全て愛なんだ・・”

夢の作り手としての立ち位置を感じました。

 

多分、「私の聖性」という「大いなるわたし」に意識されるからだと思います。

 

このような感覚になったり、いつもどおりの思考に戻ったり

行き来しました。

 

********

 

本日から、ブログを始めてみましたが

やはり実際にアウトプットの行動へ実際に歩みを進めると

「あ、あのことも書きたい」「今のこの感覚も書こう」など

次々浮かんでくるものですね。この感覚が私に必要だったのだと思います。

 

ありがとうございました。

 

追記

お風呂中はリラックスするのか

よくインスピレーションが浮かぶのですが

先程お風呂タイム中に、今日の概念を心の中でリピートしていましたら

 

やはり”私の聖性=大きなわたし”

つまり普遍的な一なる神の子としての安心感の中で

 

“「見ているもの=幻想」などを見て反応している小さな私”を

不思議な感じで外から眺める感覚になりました。